読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MtG訳記た。

モダンを中心とした(というよりはモダンの)海外記事翻訳保管庫

9月に訳した記事まとめ

 今月だけで31記事とかいう謎の量を訳していたので個人的にもまとめたいと思って作った記事です。

 おそらく来月以降はもう少しのんびりといければ、と思ってます

 そもそもBFZ発売を受けてスタンリミテの記事が増え、結果モダンの記事が減りそうという思いが若干……過去の記事でもよければ、というかたちになるかもです……。

モダンデッキ8選シリーズ

top8moderndecks カテゴリーの記事一覧

 モダンで歴史の長いデッキ群の調整録、と言った感じでしょうか。

 8月中に欠片の双子、緑黒についても書きましたが、今月は親和、カンパニー、トロン、デルバー、バーンと続きました。

 最終回は何のデッキになるのか……

 

アーキタイプ解説記事

モダンにおけるグリクシスコントロールの考え方(Grixis Control in Modern by Robert Vaughan) 

緑黒、ジャンド、ジャンクとは?(The GBx Primer – Jund and Junk By Jacob Wilson) 

おかえり、ジャンド。(Putting Jund Back on Top in Modern by Joseph Herrera) 

ナベを信じて(Trusting Yuuya by Tzu Ching Kuo) (青白コン)

リビングエンド論(Weighing In On Living End By Travis Woo)

BFZランドとヴァラクート(Battle for Zendikar's Tribute to Valakut by Lee Shi Tian) 

マーフォークとは。(Modern Merfolk Primer By Caleb Durward ) 

白黒トークンの高みを目指して(Updated Black/White Tokens Modern Primer by Craig Wescoe) 

バントZooについて(Bant Zoo Primer By Reid Duke) 

グルールアミュレットコンボ(Modern Gruul Amulet By Travis Woo) 

WMCQ HKでエルフを使って優勝した話(Tournament Report: WMCQ HK (1st) - Chan Sze Hang) 

ランタンの灯を点せ(LIGHTING THE LANTERN by Corbin Hoslter) 

 こうやってみると緑黒以外すべてバラバラのアーキタイプ。モダンの多様性を実感できますね。

 

メタゲーム

GPOKCからみたモダン(Modern Musings on the Decks of Grand Prix OKC by Adam Yurchick) 

世界選手権で見られた、モダンの変化(Modern After Worlds—and the 5 Most Important Pieces of New Tech By Sam Pardee) 

今から使えるモダンちょいテク(Modern Tech – Lantern, Bloom, Elves, Affinity, and Jund By Paulo Vitor Damo da Rosa) 

 そんな流動的なモダン環境で勝ち残るには、どのようなメタゲームを想定すべきか、そしてそれに対してどのように対応すべきか、見極めは必須となる事でしょう。

 

プレイングなど

WMCQから学ぶ、5つの心得(5 Lessons I Learned Playing and Covering Modern at the WMCQ By Neal Oliver) 

正しいブラフの方法(Bluffing By Jacob Wilson) 

物語にのったプレイのすすめ(The Benefits of Narrative-Driven Play by Jadine Klomparens) 

死せる生の倒し方(The Deck to Beat – Modern Living End By Reid Duke) 

今さら聞けないマジック知りたい集(Everything You Wanted to Know About Magic But Were Afraid to Ask By Matt Sperling) 

アグロ-コンボというアーキタイプについて(Understanding Aggro-Combo by Conley Woods) 

 特に5つの心得と物語にのった〜は一読の価値があると思います。ぜひお願いします(ダイレクトマーケティング)

 

 そして何と言っても、今月を彩ったカードはやはりこれだと思います。

白日の下に

白日の下に。(Bring to Light By Paulo Vitor Damo da Rosa) 

白日の下に、を白日の下に。(Bring to Light Brew Fest Results By Travis Woo)

BFZがモダンに与える影響(Battle For Zendikar In Modern by ANTHONY LOWRY)

白日の風景の下に変容(Bring Scapeshift to Light By Travis Woo) 

モダンを白日の下に(BRINGING MODERN TO LIGHT By Luis Scott-Vargas) 

 お前ら白日の下に大好きだな。 このカードのスポイラーが出て以来、様々なプレイヤーによってこのカードの可能性が模索されてきました。

 さて、発売後、実際にこのカードはこのフォーマットを変えてしまうのでしょうか、大きく期待したいですね。

 

 では、また来月以降もよろしくお願いします!