読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MtG訳記た。

モダンを中心とした(というよりはモダンの)海外記事翻訳保管庫

トリコロールのサイドボーディング法(Jeskai Control Sideboard Guide (Modern) By Alex Mitas)

» Jeskai Control Sideboard Guide (Modern)

より。

Dallasでトップ4になったトリコロールコントロールの話(Jeskai Control in Dallas *Top 4* By Alex Mitas ) - MtG訳記た。

と合わせてお楽しみください。

ーーーーー

 やあ!またあったね。今回は先日紹介したトリコロールコントロールのサイドボードプランについて解説していくよ。

 はじめに断っておきたいのはあくまでサイドボード概論でしかないということだ。モダンには本当に多様なアーキタイプがあるためにその全てをカバーすることは到底ムリと言ってしまっていいだろう。なので出来る限りの範囲についてはカバーしたつもりなのでよろしく頼む。

??「じゃあバント聖遺に対しては?カンパニーに対しては?グリセルシュートについては?」

 おっと。例の君じゃないか。もしそういった特定のデッキに対してのサイドボードが知りたかったら是非コメントで聞いてくれると助かる。

感染

Out

1 復讐のアジャニ

3 論理の結び目

1 否認

1 マナ漏出

2 スフィンクスの啓示

1 奔流の機械巨人

1 謎めいた命令

In

1 稲妻のらせん

1 神聖な協力

1 糾弾

1 イゼットの静電術師

1 仕組まれた爆薬

2 ルーンの光輪

2 ヴェンディリオン三人衆

1 払拭

  感染はどのように除去を使えばいいかをしっかりと認識していればとても簡単なマッチアップとなる。いちばん重要な点は墨蛾を何とかして除去することを最優先とし、他のクリーチャーは評決で流してしまうことである。

赤緑ヴァラクート

Out
1 稲妻
2 至高の評決
2 流刑への道
In
1 否認
2 ルーンの光輪
2 ヴェンディリオン三人衆

 すべての脅威を打ち消せ。ルーンの光輪でヴァラクートを指定すれば一気にこのマッチアップは楽になってくれる。

ジャンド

Out
3 至高の評決
(以下後攻のみ)
1 電解
1 マナ漏出
In
1 天界の粛清
1 仕組まれた爆薬
1 太陽の勇者、エルズペス
(以下後攻のみ)
1 稲妻のらせん
1 否認

  このマッチアップで重要となるのはボブとヴェリアナをいかに場に着地させないか、という点にあり、サイドボードもそれを目指したものとなっている。他に手段がないのならば2T目のボブに流刑への道を打ってしまうことも最悪ありえるのである。

バントエルドラージ

Out
3 論理の結び目
1 マナ漏出
1 否認
In
1 神聖な協力
1 糾弾
1 ルーンの光輪
1 機を見た援軍
1 太陽の勇者、エルズペス

 魂の洞窟がなければ余裕のマッチアップではあるが現実は厳しい。魂の洞窟のために打ち消しはほぼ全抜きしてしまうのがベターだ。

ナヤバーン

Out
3 至高の評決
2 謎めいた命令
2 電解
1 熟慮
1 マナ漏出
In
1 稲妻のらせん
1 糾弾
1 神聖な協力
2 機を見た援軍
1 否認
2 ルーンの光輪
1 払拭

 このマッチアップで目指すのはクリーチャーによるダメージを最低限に抑えることとなる。また、ライフ回復のための呪文に頭蓋割りやアタルカの命令をあわせさせないこともとても重要である。ルーンの光輪は大歓楽の幻霊に対して最高の解答となってくれるし、裂け目の稲妻やてきとうなクリーチャーを指しておいても使えるものとなる。

ランタンコントロール

Out
4 至高の評決
3 流刑への道
In
1 稲妻のらせん
1 否認
1 払拭
1 仕組まれた爆薬
2 ヴェンディリオン三人衆
1 太陽の勇者、エルズペス

 このマッチアップにおけるプレイの仕方はゲームごとに大きく変わることとなる。とりあえず言えることはこのマッチアップはこちら有利の可能性が高いということだ。洞察のランタンさえ場に着地させなければ簡単に脅威を投げつけて勝つことができる。謎めいた命令をつかいうまく罠の橋をどかすために、外科的摘出は警戒しておく必要があるが。

親和

Out
1 奔流の機械巨人
1 謎めいた命令
1 論理の結び目
1 マナ漏出
1 否認
In
1 稲妻のらせん
1 仕組まれた爆薬
2 ルーンの光輪
1 イゼットの静電術師

 このマッチアップはとても単純であり、また勝ちやすいものだ。刻まれた勇者とトップされる頭蓋囲いだけを警戒しつづければそう難しくはないといえる。相手が血染めの月を入れてくる場合やこちらが先手のときには打ち消しがもう少し増えることとなる。
 そしてここで言っておきたいのが、「サイドボードプランを変更することを恐れるな」というものだ。相手によってこちらのプレイは容易に変更されうるのである。例えば打ち消しをケアしてくる相手には打ち消しの枚数を減らすことになるし、そうでない相手には打ち消しを増やすことになる。

 ??「ドレッジまだ?」

 はいはい、今からやりますよ。

ドレッジ

Out
3 至高の評決
2 謎めいた命令
3 論理の結び目
1 マナ漏出
1 否認
In
1 糾弾
2 機を見た援軍
1 天界の粛清
2 ルーンの光輪
2 ヴェンディリオン三人衆
1 太陽の勇者、エルズペス
1 イゼットの静電術師

 このマッチアップでいちばん重要なのはエルズペスであり、彼女をうまく守り続けて時間を稼ぎ、勝つこととなる。とはいえこのデッキのエルズペスは1枚しか存在せず、たとえこのようなサイドを取ったとしても勝率は限りなく低い。右手が光ることを祈る他ない。

 ドレッジのカード、禁止されないかなぁ……
 とにかくよんでくれてありがとう、強大なXでのスフィンクスの啓示をぶっ放していこう。

 (編注:実際に記事のコメント欄にはその他のデッキのサイドボーディングのデータも乗っていましたが、正直追いきれないので省略しております。ご了承ください。)