読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MtG訳記た。

モダンを中心とした(というよりはモダンの)海外記事翻訳保管庫

双子 vs. モダン -護符コン- (UR Twin vs. Modern: Amulet Bloom By Pascal Maynard)

UR Twin vs. Modern 欠片の双子

» UR Twin vs. Modern: Amulet

より。

護符コンって言い方してるのこのブログくらいではという思いはありますが、字数短いので今後も護符コンといっていきます。何卒。

青赤双子特集記事最終回!

ーーーーー

 このシリーズ最終回へようこそ。今回語る護符コンはほぼすべてのデッキリストが同じであり、サイドボードもほぼ同一であるためこれは完璧なサイドボードガイドそのものと言ってしまってもいいだろう!

 前にもお伝えしたが、純正双子に限っても構築の幅が広く存在するため、このシリーズでは以下のリストのカード全てについて検討を行っている。

Lands
4 Scalding Tarn/沸騰する小湖
4 Misty Rainforest/霧深い雨林
4 Sulfur Falls/硫黄の滝
3 Steam Vents/蒸気孔
2 Desolate Lighthouse/僻地の灯台
1 Ghost Quarter/幽霊街
1 Tectonic Edge/地盤の際
1 Cavern of Souls/魂の洞窟
5 Island/島
1 Mountain/山

1 Stomping Ground/踏み鳴らされる地

Creatures
4 Snapcaster Mage/瞬唱の魔導士
4 Deceiver Exarch/詐欺師の総督
2 Pestermite/やっかい児
2 Vendilion Clique/ヴェンディリオン三人衆
1 Grim Lavamancer/渋面の溶岩使い

Spells
4 Remand/差し戻し
4 Lightning Bolt/稲妻
4 Serum Visions/血清の幻視
4 Splinter Twin/欠片の双子
2 Cryptic Command/謎めいた命令
2 Electrolyze/電解
2 Spell Snare/呪文嵌め
1 Peek/のぞき見
1 Roast/炙り焼き
1 Twisted Image/よじれた映像
3 Dispel/払拭

Sideboard
3 Ancient Grudge/古えの遺恨
2 Blood Moon/血染めの月
2 Keranos, God of Storms/嵐の神、ケラノス
2 Roast/炙り焼き
2 Anger of the Gods/神々の憤怒
2 Pyroclasm/紅蓮地獄
1 Jace, Architect of Thought/思考を築くもの、ジェイス
1 Pia and Kiran Nalaar/ピア・ナラーとキラン・ナラー
1 Engineered Explosives/仕組まれた爆薬
1 Negate/否認
1 Counterflux/対抗変転
1 Izzet Staticaster/イゼットの静電術師
1 Spellskite/呪文滑り
1 Rending Volley/引き裂く流弾
1 Teferi, Mage of Zhalfir/ザルファーの魔導士、テフェリー
1 Grim Lavamancer/渋面の溶岩使い
1 Dispel/払拭

  よっぽどのことがない限り、護符コンにとって双子は相性最悪のマッチアップである。差し戻しがすさまじい呪文となり、払拭によりちょっとした相手の妨害をとめ、コンボはほぼ容易に決まるのだ。

 そして第一歩は、この相性差に甘えないことだ。確かにこのマッチアップは双子側が大きく有利なものであるが、しかしながら注意深くゲームに臨む必要がある。おおよそ熟練者の動きはおおよそ全てが驚くべきものであり、ドロー次第では本来有利だったものが嘘かのような地獄を見ることとなる。

 実際先週末のイベントにおいて、このデッキは大勝を収めた。これはもしかしたら禁止に至る前の最後のゆらめきなのかもしれないが、それがまだはっきりとしていない今、準備をしておいて損をするということは一切無いだろう。

 詐欺師の総督ややっかい児はこのマッチアップにおいては単なるコンボパーツとしての意味合いだけでなく、相手のバウンスランドをタップすることで相手の動きを遅くするという効果も持っているのだ。同様に原始のタイタンをタップすることもできる。トレイリア西部とシミックの成長室から殺戮の契約、否定の契約を変成し、コンボを阻止してくる、という動きもある。

 聞いてみれば当然のように思えるかもしれないが、その動きによっては相手を契約死させることもできるだろう。このデッキにはせいぜい黒マナソースは6つ程度であり、殺戮の契約の契約料を払わせないというプレイも可能である。もちろん、このデッキは様々な方法を用いてマナソースを集めてこれるデッキであるために、簡単に5色揃わされてしまう可能性は十分にある。

 処刑者の要塞や軍の要塞、サンホームは呪文滑りで止められるというのは覚えておいて損することはないだろう。

 打ち消し呪文はとても使いやすい。払拭はパクトに、差し戻しは6マナ呪文殺し、そして呪文嵌めは一番の問題児、花盛りの夏を殺す事ができるのだ。

サイドボード候補

In

古えの遺恨

血染めの月

仕組まれた爆薬

否認

対抗変転

呪文滑り

ザルファーの魔道士、テフェリー

払拭

 

Out

稲妻

渋面の溶岩使い

電解

炙り焼き

よじれた映像

欠片の双子

瞬唱の魔道士

 古えの遺恨は、精力の護符に対応できる数少ないカードである。というのも打ち消しが一切聞かないカードだからだ。そして、ついでにサイドインされる可能性がある仕組まれた爆薬の除去としても運用できる。

 このデッキ相手に仕組まれた爆薬を入れる理由としては、まずは精力の護符の除去がある。でもそれならば遺恨で十分ではと思うだろう。もう一つの目的は原基の印章を割る、というものだ。これは思ったより重要なことで、双子や月というこのデッキ相手のキーカードの破壊をなかったコトにできるのだ。脳死していれるものではないが、ボードアウトするもの次第では採用可能となるだろう。

 僕は今このデッキにてフェリーを採用していないし、実際に採用されているのかどうかもよく知らないが、瞬速のクロックはこのデッキ相手に都合がよく、相手の否定の契約や白鳥の歌を止めることができる。といってもこれらのカードはせいぜい5枚程度しかないだろう。仕組まれた爆薬と同様、きちんと考えて入れる必要があるだろう。

 呪文滑りは単体では何もせず、状況に大きく依存するという点において僕の好みではないのだが、サイド後のこのデッキ相手には印章を滑らせるという仕事を負わせる事ができる。

 稲妻を数枚残しているのは梓に対応できるようにするためだ。最悪でも本体に打ち込めるし、瞬唱と組み合わせればタイタンも落とせる。

 双子を1枚だけサイドアウトするのはおおよそ真の行動だ。というのもどのデッキも基本的にこのコンボを阻害するための動きを取り入れてくるためだ。例えばこのデッキならば原基の印章3~4枚、白鳥の歌2~3枚、殺戮の契約2枚、否定の契約2~3枚は入ってくることとなる。確かに払拭やヴェンディリオンで身を守れているのならば双子を引きたいとは思うだろうが、サイドボード後は4T目にコンボを決められるほど甘いゲームになるわけがないのだ。

 瞬唱を1枚取り除いたのは、サイドボードの枚数から判断したものだおおよそこのデッキ相手ならば稲妻はサイドアウトされるだろうし、となると瞬唱の威力は半減することとなる。血清の幻視もそうFBしたいものではないだろうし、打ち消し合戦での瞬唱はその2マナが少々重たい。マナが多量にあったとしてもせいぜい1枚がせいぜいだろう。護符コンは1回のビッグターンさえ作れれば勝てるデッキであるために、その1回に瞬唱を合わせることができればそれで十分なのである。まあ、単に待ち伏せのバイパーのような、瞬速のクロックとして用いる方法もあるだろう。だからこそ抜くのは1枚にとどめている。

 

 これでこのシリーズの筆を置きたいと思う。正直エルドラージについて書きたくて仕方ないんだ。正直新しくて面白いデッキだからね!

 読んでくれてありがとう!また来週会おう!