読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MtG訳記た。

モダンを中心とした(というよりはモダンの)海外記事翻訳保管庫

今日のデッキ-緑白トークン-(Deck of the Day – Modern GW Tokens By Eric Froehlich)

白黒トークン ローグ

» Deck of the Day – Modern GW Tokens

より。

これはスタンダード記事ではない。繰り返す。これはスタンダードの記事ではない。

ーーーーー

 緑白トークンはスタンダード環境における最強の座をたしかにしている。確かに僕もこのデッキに関して記事を書いていた。ニッサ・ギデオンを中心としたトークン生成器によって、スタンダード環境はこのデッキを中心に回っているといってもよくなっただろう。そう、このデッキは絶対に対処しなければならないデッキなのだ……

 え、モダンでも????

  ……よし落ち着いた。確かにスタンダード環境において、ギデオンニッサは大切な仲間だった。しかしこいつらをモダンでも使うことになるとは思っていなかった。

 このデッキの主な戦法を紹介しよう。まずは序盤にマナクリーチャーを展開することとなる。これは主にニッサのためだ。ニッサが忠誠度を上げながら生み出す植物トークンによって、ニッサ自身はとても硬い存在となるが、もし、それが2T目に起こってしまえば?ニッサもギデオンも稲妻1枚で処理できるカードではなくなり、彼ら2人によって生み出されたトークンによって、勝利は目の前のものとなるのだ。

 ではマナクリについてだが、まずは貴族の教主と極楽鳥から採用することになるだろう。貴族の教主の賛美能力によって、他のパンプ補助なしにゲームを決めることもできるだろうし、極楽鳥でもパンプ能力さえ使われれば立派な飛行船力となる。もし必要ならアヴァシンの巡礼者も加えていいだろうが、まずはこの2種類がデッキに入ることになるだろう。

 では、トークンたちは?……ここが一番面白いところだ。未練ある魂と幽体の行列は素晴らしいカードである。1/1のトークンはたしかに貧弱なものだ。しかしながらアンセム効果を受け続けることでバックアップを受けたりしたら……ほんの一瞬でゲームが終わることになるだろう。2T目のトークン生成能力をもったこのデッキならば、どんな高速コンボ/アグロデッキにも負けない速度を作ることができる。

 急報については先述のトークン生成器よりかは多少パワーこそ落ちるが、ピンチを救ってくれるカードとなってくれるのだ。ギデオンの紋章やニッサの効果によって、この地上の1/1すら強大な化け物となって相手に襲いかかれる上、インスタントであるがゆえに、全体除去の返しなどにも出しやすいカードとなる。

 では除去についてはどうだろう。実際問題はないのだ。流刑への道や四肢切断によって、こちらの進軍・勝利を阻むカードは全て除去してしまうことができる。

 そしてこのデッキの一番かっこいいカードはクリーチャーでも呪文でもない。そう、土地なのだ。ニッサやギデオンのアンセム、トークン生成能力はたしかに素晴らしいものだ。しかし、土地によるアンセムはさらに強力なものとなる。ガヴォニーの居住区はモダン環境でとても強いカードの一つであり、序盤から簡単に起動できる上、2回も起動すればおおよそ勝ちとなるのである。ニッサはトークン強化に忠誠度を消費し、ギデオンはそのまま遺影となってしまうが、ガヴォニーはターンが来さえすれば何度でも起動できるのである。他に何のコストも要求することなく、植物やスピリットたちを強化し、モダン環境の怪物たちと戦わせることができる、という点で、このカードの恩恵はとても大きい。

 そしてもう一点触れたいのは、風立ての高地である。ゲーム中盤において役割をもつことができる土地はこのデッキに対してとても都合がいい。しかも、この手のトークンデッキとこのカードはとても相性が良いことは容易に想像できるだろう。第二の手札として、様々な強いカードをコストを踏み倒して唱えることができるのは非常に大きな意味を持つ。確かにインスタントタイミングでのアンセムが実質無い今のデッキならば少々使いづらい点はあるものの、デッキを掘り進め、より強力なカードを場に送り出し、時には流刑や四肢切断を忍ばせて相手のシナリオをぶち壊すこともできるのだ。

 もし僕がこのデッキを使うのならば、まずは無形の美徳を入れてみたいと思う。たしかにこのカードはマナクリとの相性は悪いものの、それ以外のカードとはとても相性が良いのだ。そしてもう1点気になるのがこのデッキの森の枚数と幽体の行列の枚数の配分だ。寺院の庭は確かにライフペイが痛いが、基本土地が多すぎると幽体の行列がうまく唱えられず、それを原因として負けてしまうことも起こりうるだろう。

 このデッキは素晴らしく、またモダン環境に殴り込めるだけの実力位がある。もしスタンダードで緑白トークンをつかっているのならば、このデッキもぜひ試してみてほしい。

緑白トークン

Matthew Nass

Top 16 at GP Los Angeles

Lands
4 Gavony Township/ガヴォニーの居住区
3 Windbrisk Heights/風立ての高地
4 Verdant Catacombs/新緑の地下墓地
4 Windswept Heath/吹きさらしの荒野
2 Temple Garden/寺院の庭
1 Overgrown Tomb/草むした墓
1 Godless Shrine/神無き祭殿
2 Forest/森
2 Plains/平地
2 Horizon Canopy/地平線の梢
Creatures
4 Birds of Paradise/極楽鳥
4 Noble Hierarch/貴族の教主
2 Avacyn's Pilgrim/アヴァシンの巡礼者
Spells
4 Nissa, Voice of Zendikar/ゼンディカーの代弁者、ニッサ
3 Gideon, Ally of Zendikar/ゼンディカーの同盟者、ギデオン
4 Spectral Procession/幽体の行列
4 Lingering Souls/未練ある魂
4 Raise the Alarm/急報
4 Path to Exile/流刑への道
2 Dismember/四肢切断

Sideboard
3 Stony Silence/石のような静寂
2 Creeping Corrosion/忍び寄る腐食
2 Timely Reinforcements/機を見た援軍
2 Burrenton Forge-Tender/ブレンタンの炉の世話人
2 Gut Shot/はらわた撃ち
2 Grafdigger's Cage/墓掘りの檻
2 Rule of Law/法の定め